AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
評論/情報オーディフィル サウンドラボ > バックロードホーンスピーカーの特性~その5~
border
[前の記事へ]blank[次の記事へ]
border

バックロードホーン型スピーカーの特性~その5~

 前回までは、<S-004>という2007年に設計したバックロードホーン型スピーカーを例に話をしてきましたが、当時はエクスポネンシャル曲線も知らないで設計していたため、改善の余地が多くある作例でした。

そこで今回から、同じ16cmフルレンジを使いつつ、2021年に設計した<S-076>という作品を例に説明していこうと思います。

 Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076  S-076

 S-076は、2021年に発売されたFE169SS-HPの使用を想定したバックロードホーン箱です。強力な磁石を持ちながらも、穏やかな特性が与えられており、非常に使いやすいユニットだと思います。

 また、容量の違う空気室を複数用意したり、ホーン中央付近に吸音材が出し入れできる蓋を設けたりすることで、完成後に調整をすることができるような設計にしています。

<図面>
 Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076の概要 []内は、スロートからの概算距離


Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076の図面
Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076の空気室図面
Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076の空気室


<板取り図面>※片ch+空気室 3種類

  12mm厚 ラワン合板 2枚
Fostex FE168SS-HP搭載バックロードホーン S-076の板取り


~続く~


border
[前の記事へ]blank[次の記事へ]
border
評論/情報オーディフィル サウンドラボ > バックロードホーンスピーカーの特性~その5~

Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.